至福のたまごサンド誕生秘話

それは卵との出会いから

みなさん一度は食べたことのある定番「たまごサンド」。

世の中には、だし巻きサンドやオムレツサンド、すでにたくさんのたまごサンドがあります。

そこへ今、進々堂は、丹波「やまぶき卵」の「厚焼きたまごサンド」を発売しました。

他のたまごサンドと、どう違うの?

シンプルなたまごサンドに隠された【こだわり】をご紹介します。

進々堂の食パンは、余計なものが入っていない

小麦本来の香りと旨味のあるシンプルな食パンです。

そんな食パンに合うのはどの卵?焼き方は? 味付けは?

開発担当者は、たくさんの卵を集め、試作を重ねました。

そこでついに出会ったのが、丹波「やまぶき卵」!

はじめて卵を割った時の、透明に輝く白身を見た時の感激。

その想いを胸に、やまぶき卵が産まれた丹波奥郷の

生産者さんを訪問しました。

兵庫県丹波市にある

「カンナンファーム」河南一夫会長にお話しを伺いました。

河南会長は、子供の頃(戦前)に食べた、シンプルで

美味しい卵を蘇らせたい一心で試行錯誤を繰り返し、

やまぶき卵を誕生させたということです。

「美味しい卵は餌で決まる」

非遺伝子組み換えの生きた丸粒とうもろこしをはじめ、

北海道産の高品質魚粉、丹波産のにんにくや米ぬか等

約20種類のバランスのとれた餌を自家配合して

与えることで、卵臭くないすっきりとした味わいの

卵になります。

  「健康な鶏から産まれた卵」

丹波の山に囲まれ、きれいな空気と良質の水に

恵まれた農場。

優しい光が届き、風通しの良い鶏舎で

ストレスなく元気な鶏は、

安全で美味しい卵を産んでくれます。

澄んだ卵と無垢なパン
ふたつが出逢って誕生した、至福のたまごサンド

丹波、奥郷で育まれた「やまぶき卵」の澄んだ味わいと、デイリーブレッド「プリミエール」の無垢な美味しさ。

それぞれの素材が持つ本来の味を引き出すため、塩は控えめに、スチームオーブンでなめらかに焼き上げました。

また食べたくなる、すっきりとしたあと味の優しいたまごサンドです。